TOPせどり中古本を仕入れる方法

中古本を仕入れる方法

ブックオフの100円コーナーへ行けば価値のある本を安く仕入れられることが分かりました。ここではどんな本を仕入れればよいかを説明します。

買うべき本とは

まず使うものは携帯電話です。下記のサイトはISBNから、マーケットプレイスに出品されている価格を調べることができる無料のサイトです。あらかじめ携帯電話のブックマーク等に登録しておいてください。(ISBNとは国際標準図書番号のことで各本を番号で特定できるものです。)

mobilemps: 携帯Amazonマーケットプレイス検索

このサイトを携帯で開き、100円コーナーで高く売れそうな本のISBNを打ち込み、価格を調べてください。高く売れそうな本が全くわからないという方は端から順に1つ1つ調べてもらっても結構です。

そして、ユーズド価格が500円以上の本は仕入れましょう。

マーケットプレイスのシステム

500円以上と書いたのは、アマゾンマーケットプレイスのシステムと関係しています。

アマゾンマーケットプレイスは、出品は無料でできますが、その商品が売れたときに手数料が発生することになっています。少しややこしいので下の図を見てください。

マーケットプレイスのシステム

カンタンに説明すると、まず購入者が商品代金と送料340円をアマゾンに支払います。そしてそこから成約料100円・商品代金の15%・送料のうち80円がアマゾンのシステム利用料として引かれます。それで残った金額が売上げとして出品者に支払われるという仕組みです。

損益の分岐点

ここで商品がいくらで売れれば利益が出るかを考えると、売上げと経費から計算すると約150円が損益の分岐点となります。つまり150円以下で売れてしまった場合は赤字になるということです。

上で提案した「500円」で売れた場合の利益は、計算すると1冊あたり約300円です。1日あたり3冊売れると仮定すると、1ヶ月では300円×3冊×30日=27000円になります。

片手間でできる副業ですが、費やす時間・労力を考えると、これ以下の利益では薄利多売になってしまい、少し割りにあわないと思います。

以上のような理由で500円以上で売れる本を仕入れることをオススメします。ちなみに1日3冊売るのはコツコツとコンスタントに仕入れをし、在庫を増やしていけば現実的な数字です。

仕入時に注意すること

■キズ・汚れ・破れの有無

中古品の出品とはいえ、商品には違いありません。見た目で自分が買いたくないと思うような本は仕入れないようにしましょう。

■マーカー・書き込みの有無

これも上と同じです。中にマーカー・書き込みなどがあると高値では売れません。しっかりと確認しておきましょう。

■アマゾンのランキングについて

携帯電話で価格を調査したときに、アマゾンのランキングが表示されます。ランキングが低くても売れる本はありますが、やはりランキングの高い本の方が早く売れる可能性としては高いです。管理人の経験則からですが、ランキングが300000以内を1つの目安と考えて仕入れをすれば在庫の回転率が悪化しないと思います。

マーケットプレイスに出品へ

スポンサードリンク

Copyright (C) 脱サラNAVI All Rights Reserved.