サラリーマンの危機

「一生懸命、真面目に勉強して、いい大学に入り、一流の企業に就職してサラリーマンになれば一生安泰な生活ができます。」

これは今の社会では通用しなくなりつつあります。団塊世代やそれより上の世代の時代では、これは正しいやり方でした。そうすることで60歳までは終身雇用の名の元に会社が面倒を見、退職後は国が年金を保障してくれていました。

しかし、現在では会社は従業員を守ってくれません。会社が守りたいのは「収益をあげる組織」です。その証拠に会社は従業員をコストと考え、多くのリストラを行い人件費の安いパートや派遣社員を増やし、コストの効率化をしているわけです。

また、最近のサラリーマンを取り巻く状況は悪化するばかりです。少子高齢化による年金負担の増額・国の借金返済のための消費税の増税・リストラ・・・数えあげればキリがありません。

この状況の中で、サラリーマンたちは毎朝早起きして満員電車に揺られながら会社へ行き、上司の叱責にも耐え、存分にストレスを抱え込みながら夜遅くまで働きます。

なぜそうまでしてサラリーマンという地位にしがみつくのでしょうか?

それは「会社からの給料以外に収入源がないから」言い換えれば、「会社からの給料にほぼ100%依存して生計をたてているから」です。

この状況から抜け出すためにはどうすればいいでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大