TOPFXレバレッジとは?

レバレッジとは?

レバレッジ

レバレッジとは「leverage」のことで、直訳してみると「てこの力」という意味です。

公園にあるシーソーを思い出せばイメージしやすいと思いますが、支点からの距離によれば重たいモノでも小さい力で動かすことができるというものです。

FXにおいてレバレッジをかけた取引というと、自分の持っている証拠金を担保にして借入れをし、より大きな金額の取引をすることをいいます。

つまりカンタンに言えば、自分の持っている少ないお金で、それより大きな金額の取引をすることができるということです。

このレバレッジは「レバレッジ=○倍」という表現をすることができます。

例えば1ドルが100円のときに1万ドル買おうと思えば通常なら100万円必要になり、この状態をレバレッジ1倍といいます。(レバレッジをかけていない状態)

ここでレバレッジをかけた取引をすると、

50万円の証拠金で1万ドル買えば レバレッジ2倍
25万円の証拠金で1万ドル買えば レバレッジ4倍
10万円の証拠金で1万ドル買えば レバレッジ10倍
2万円の証拠金で1万ドル買えば レバレッジ50倍

となります。

このように1万ドル買いたいと思ったとき、100万円持っていない場合でも、レバレッジをかけることにより思うような取引をすることができます。

レバレッジは危険!?

知識のある方は、レバレッジをかけた取引をすることが危険だとか、大きな借金につながる可能性があるというイメージをもっているかもしれません。(後述しますが自動ロスカットというシステムがあるため、FXで大きな借金につながる可能性はありません。)

確かにレバレッジをかけた取引は大きなリターンを期待できると同時にリスクも大きくなるという特性をもったものです。

しかし、レバレッジをかけた取引をすること自体が危ないのではなく、自分のとることができるリスクを見極めずに、それを越えたレバレッジで無謀な取引をすることが危険なのです。

大切なことはリスクの管理です。このリスク管理さえしっかりと行うことができれば、レバレッジは脱サラを実現するためのすばらしい道具となります。

FXで不労所得を生む仕組みへ

スポンサードリンク

Copyright (C) 脱サラNAVI All Rights Reserved.